快楽満堂


 酒は純米、燗ならなおよし!  
by rolling_tama
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
お気に入り
カテゴリ
最新のトラックバック
日本酒の日 錦糸町「井の..
from ウチごはん&ソトごはん
久々の外がっつり飲み(大宮)
from 心の欠片
もやしもん解析機vol2
from 燗酒おやぢの隠れ処
千葉県某所「居酒屋某チャ..
from 懶雑記
阿佐ヶ谷「高味園」 台湾料理
from ウチごはん&ソトごはん
東京(高円寺):福来門(..
from なんとなくスカタン
椀物で飲れば、オヤジ道ま..
from 口中の幸い <日本酒と下町、..
yanyan_akiko..
from 穴があったら入りますか?
Deepな夜
from まいにち酒飲み
2005年8月 『高味園..
from 飲み食いの記録を残そう
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

上原浩先生の思い出

三年前の第一回燗酒楽園に出かけた時、私はお燗経験半年位だった。

この年は、まず上原先生のセミナーがあった。
初めて見る先生は、ざっくばらんな話し方で、冗談を交えながらも
本質をズバズバおっしゃる姿が印象的だった。

その後場所を移しての燗酒パーティがスタート。
この会場で初対面の煮酒さんは、杯片手に舞い上がってる私を
上原先生に紹介してくれた。
挨拶を終えた私は先生と携帯カメラで2ショット写真を撮らせていただいた。
何ともずうずうしいお願いをしたものだが
この写真は、ただ一枚の貴重な宝物だ。


同じ年の11月
私は初めて上乃宮会に出席した。
この時は総会で、上原先生も来られていた。
池田屋さんから会場の居酒屋に移動する道すがら
緊張でガチガチの私に、先生は気さくに話しかけてくださった。
「このカニ(先生のお土産)はまだ凍っているかな?」
何気ない一言が新参者にはとても嬉しい。
その宴会の事は今でも忘れられない。


5月1日の夜
先生が永眠された。
その晩、私は大切な友人達と上原組の純米を熱いお燗で飲んでいた。
私は友人達と共に先生をお見送りしたのだと感じている。
先生は今頃はきっと天国で、おいしい純米燗酒を
お仲間と一緒に楽しんでいると思う。

謹んでご冥福をお祈りいたします。
[PR]

by rolling_tama | 2006-05-03 03:46 | 純米酒
<< 鯉川の蔵元さんと井のなかで飲み... 行ったぜ!井のなか  >>