快楽満堂


 酒は純米、燗ならなおよし!  
by rolling_tama
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
タグ
以前の記事
お気に入りブログ
お気に入り
カテゴリ
最新のトラックバック
日本酒の日 錦糸町「井の..
from ウチごはん&ソトごはん
久々の外がっつり飲み(大宮)
from 心の欠片
もやしもん解析機vol2
from 燗酒おやぢの隠れ処
千葉県某所「居酒屋某チャ..
from 懶雑記
阿佐ヶ谷「高味園」 台湾料理
from ウチごはん&ソトごはん
東京(高円寺):福来門(..
from なんとなくスカタン
椀物で飲れば、オヤジ道ま..
from 口中の幸い <日本酒と下町、..
yanyan_akiko..
from 穴があったら入りますか?
Deepな夜
from まいにち酒飲み
2005年8月 『高味園..
from 飲み食いの記録を残そう
ライフログ
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

タグ:鯉川 ( 19 ) タグの人気記事


第二回 “純米酒を呑みつぐ会”のお知らせ

第二回
純米酒を呑みつぐ会
米 復活!!


幻の米となった“亀の尾”、“強力”を復活させた蔵元さんに、なぜ復活させたいか、どんな苦労があったか、最初の造りで思いが叶えられたのか等々、色々なお話を伺いたいと思います。
そして、お話の後にはお二人の造った純米酒を楽しむ会を、着席形式で行います。 蔵元のお話とお酒が一緒に楽しめる会ですので、皆様のご参加をお待ちしております。


ゲストのプロフィール


佐藤一良
( さとうかずよし )
さん
“亀の尾”を作り出した阿部亀治さんの出身地である山形県庄内町で酒造りを している鯉川酒造の蔵元。音楽、特にピアノは素人離れ。


山根正紀
( やまねまさのり )
さん
“強力”の原産地である鳥取県鳥取市で酒造りをしている山根酒造場の蔵元。 車の運転、特に雪道での運転が得意。




開催及び参加概要

日時:2010年9月26日(日)受付14:45~ 開場15:00

 第1部 蔵元対談 15:15~16:15 
 第2部 純米酒を楽しむ会 16:30~18:30

場所:茗渓会館(文京区大塚1-5-23)
交通:東京メトロ丸ノ内線茗荷谷駅徒歩2分
会費:8000円
参加者:100名

参加申込

純米酒を呑みつぐ会メールアドレス【nomitugukai@gmail.com】にお名前と参加人数をご連絡下さい。(@は、全角にしてありますので、半角にして送付してください)
グループで同席希望の場合はその旨も一緒にご連絡下さい。
受付番号をご連絡しますので、参加費を郵便振替口座に振込んで下さい。
郵便振替口座【口座番号】00150-5-654822 【口座名称】純米酒を呑みつぐ会
領収書は9月26日当日ご持参下さい。

<ご注意>
正式申込みは、参加費の郵便為替の着金時とします。
「払込取扱票」(郵便局に備付けの青色印刷の用紙)の通信蘭に、必ず「受付番号」「参加者名(複数の場合は参加者全員)」「連絡先電話番号」「メールアドレス」「グループで同席希望の旨」を記入して下さい。
当日は領収書をお持ちいただくよう、よろしくお願いします。
募集終了(募集定員に達した時)の案内は、当ホームページ及びお知らせ用ブログにて発表します。
それ以降の申込みは出来ません。

キャンセルについてもnomitugukai@gmail.comに、返金振込先をご記入の上、ご連絡下さい。(@は、全角にしてありますので、半角にして送付してください)
連絡がない場合は返金の対象にならないので、ご注意下さい。
1ヶ月前(8月26日)までは、送金手数料を引いた額を返金します。
2週間前(9月12日)までは、半額から送金手数料を引いた額を返金します。
9月13日以降は返金いたしません。




「純米酒を呑みつぐ会」とは

名称は、昨年の名杜氏対談を通じて、日本の文化である純米酒を注ぎあう、純米酒について 語り合うきっかけになってほしいと、「呑みつぐ」会と名づけました。スタッフは、首都圏在住のメンバーが中心となって集まりボランティアで活動しています。

また、一部の酒販店様にもご協力頂いております(都道府県順)
酒本商店(北海道室蘭市)
清水台平野屋(福島県郡山市)
池田屋酒店(埼玉県さいたま市)
リカーズのだや(東京都文京区)
一酒庵(新潟県燕市)
今後の状況は、呑みつぐ会のお知らせ用ブログで更新していきます。
よろしくおねがいいたします。


純米酒を呑みつぐ会HP
呑みつぐ会お知らせブログ

当日は私もスタッフとして参加します!

復活!

熱血!
[PR]

by rolling_tama | 2010-07-08 19:06 | イベント

波葉菜亭で鯉川&ピアノの会! しょにょ3!!

三日連続投稿なんて奇跡みたいだぜ
では、会が終わってからのキセキをなぞるぜ

お燗番の仕事(?)は終わったがスタッフとしてのお手伝いは続く

会が終わって帰られるお客様に傘を渡してと言われ
待機・・・
待機・・・
待機・・・
お店の皆で暫く待っても3~4人しか出てこない
皆、余韻にひたってる
と言うより盛り上がってガッテガッテるんだろー
玄関は玄関でスタッフが盛り上がってたケドさ・・・

食器を下げさせていただく事になって
テーブルへ・・・
落とさないよう、恐る恐るお盆にのせたぜ

カウンターに集められた食器やグラスを見て
改めて量がハンパねぇと思った
後、このお店が使う器のセンスのよさを感じた
佐藤蔵元も「グラスが良いですね~~」
とおっしゃってたぜ

気がつくと、ほとんどの皆さんがお帰りになっていた
・・・傘渡しを他の方にやらせてしまった・・・


打ち上げターイム!
若女将がビールをくれたぜ!
「まかないで~~す」と出てきたのは
寄り道セット!!
お店の普段のメニューでお皿の上に一口サイズの料理が数種類のった優れもので
酒飲み泣かせ
他にお刺身(〆鯖、小肌)、煮魚(超ウマイ!)
お酒は鯉川のお燗!
大盛り上がりで時間はあっと言う間に過ぎたぜ


波葉菜亭
[PR]

by rolling_tama | 2009-03-27 15:41 | イベント

波葉菜亭で鯉川&ピアノの会! しょの2

忘れないうちに後半を書くぜ

鯉川を飲みながら楽しむコンサートの後半は
佐藤蔵元の師匠のKさんのピアノ漫談だったぜ!
かの有名な北野たけしも絶賛したと言う漫談との事
まだお燗の用が無いので覗きに行ったら
すっげー面白れえ~の!
笑いの中に普段は気づかない音楽の事がうまく入っていて
見終わった後に、音楽への興味がいい感じで残る・・・という感じ
やはり余韻は大切だと思った

さあ、コンサートの後は
純米吟醸・出羽の里うすにごりのお燗が出されるだぜ
正木さんの指示で、41~2度で提供だ

・・・ちょっと脱線・・・
ワダスが自宅でお燗をつける時は暖めながら
ちょっとずつ味の変化をみる方法での燗づけだ
これは、それぞれの酒質と向き合って味を見てお酒を感じて行く事・・・
と言うと随分とカッコつけてるが
ワダスにとっての遊びなのだ!
最高に楽しい遊び
酒屋さんの言葉を思い出しながら、自分の官能と照らし合わせる瞬間!!
もちろん、その後は料理との相性の実験が待ってるぜ(一番のお楽しみ)
・・・脱線終了・・・

温度計を見ながらお燗するのは普段やらないので
ほんのり緊張したぜ
デカイ徳利に入れるので温度が下がるので少し上乗せしていたが・・・

ホール係の方 「お客さまから、もっと熱くしてくれと言われました」
玉         「温度の事言ってました?」
ホール係の方 「55度が良いそうです」

寒さん&おかみだな・・・

バッチリ熱くしてお出ししたぜ


この日は知り合いが数人いらしてたが
ワダスのお燗ブースには
寒さん、おかみ、いっとくさんが遊びに来てくれて嬉しかったぜ
狼大兄もしょっちゅう見に来てくれて会場の情報を伝えてくださった!
バンダナ兄弟の結束は固い!!

皆さんのおかげで緊張もほぐれて
同じスタッフのピアノの先生(庄内美人)ともお話していたぜ

ラストのお酒は、鉄人にごりを常温で・・・との事で
お燗番の仕事は終わった


更に続く?



ホントに?



波葉菜亭HP
[PR]

by rolling_tama | 2009-03-26 17:01 | イベント

鉄人にごり 作で初飲みしただぜ

c0016364_19412829.jpgあまりにも更新していなかったので
どうやってUPしたらイイのか忘れたぜ
と、言いながら書いてるけど・・・

今週の日曜は久し鰤に休んだぜ
DVDを3本は見る予定だったが
チャイニーズ・ゴースト・ストーリーしか見れなかったぜ
いや~、久しぶりに見たが良かった!
音楽もよ~出来とる!
大変に勉強&シゲキになっただぜ

さて、遅くなったが飲みに行こうと
バス&電車で上石神井の【作】へ・・・
お酒置き場の近くに座ってトリビーゴクゴク
メニューとにらめっこして
小柱刺し、山うど、タケノコ焼いたの、と、季節を感じる三種注文!
あとは、お酒お酒・・・
あ、今年の鉄人にごり、まだ飲んでなかったずら!
ぬる燗でグビリ・・・
あ・・・グビグビ・・・・あああ


ウマイ・・・・
早速タンクさんにジーコロ
「ウマイっす~~~♪」
少しお話させてもらいやした!

席に戻って、料理と楽しむ♪
たのんだ料理と全て合うよ合うよ!特にウド!!!!
店主さんに言ったら「鉄人にごりに合わせて注文したと思ってました。ハハハ」とおっしゃる
春っぽい料理に鯉川は良く合うのだ!

作は何度も行ってるがブログに書くのは初めてだった!
料理はウマイし燗つけもGOO
お店の方は親切で楽しいのでカウンターはいつも賑やか!
ご近所さんは幸せだ~~!
この後はオニギリ2個しっかり食べて終電まぎわにおいとましただぜ

鉄人にごりの感想
口に含むと、ふ~っと色気を感じる
みずみずしく、爽やかな色気
さっぱりと消えるその色気を追いかけるように杯を重ねてしまう
適度な甘さを持ったその色気は
春の宵にじっくり楽しみたい


タンクさん!休日の晩、お電話して失礼いたしました!
[PR]

by rolling_tama | 2008-04-15 20:06 | 純米酒

札幌の続き!!

陣内を出て“晴れる屋”にジーコロ…

もしもし♪
…れれ?録音メッセージ?
むむ…本日火曜は定休日…??
え~~~~・・・暫し落胆・・・

・・・30秒経過・・・

ま、いっか!
これも時の運よのぅ!暫しススキノをさまよう
あっちへウロウロこっちへウロウロ…ビールゴクゴク…

結局、陣内に戻っただぜ。事情を話すと「すぐ戻ってらっしゃれば良いのに…」
た、確かにその通り

c0016364_12183555.jpgコーンの冷たいスープが出た。甘くて旨い!コンソメのジュレが浮いてるぜ。
最初から混ぜて作ると具合いが良くないとの事。
そこそこ酔った腹にはGOOだぜ
お酒は陣内を再度注文!
食べ物がほとんど終ったとの事で、先ほどのフルーツトマトを食べながら
ぬる燗をいただく
さっきまでの放浪とは打って変わった
落ち付いた時間なんだぜ




c0016364_12213010.jpgお話をするうちに
今日、届いたばかりと言う箸入れを見せてもらった
特注の凄いヤツで引き出しが滑らかに出て来るだぜ
常連さんにはMy箸を持ってもらいたいとの事
自分専用のお箸がこんなイカした箱から出てくるなんてステキではないか!
これを読んでくださる酒飲みガールズの皆さん、同感でしょ!
「このお店、女性のお客さんが多いのでは?」「いえ、女性はほとんどが同伴出勤の方なのです」
そ、それはそれで気になるだぜBABY。


そろそろイイ時間になった
帰る時には、とても美味しいお土産までいただいてすまった


翌日は東京に戻ったぜ
いつもの毎日が始まった

数日後、会社に一枚の絵葉書が届いた
あ、陣内さんからだ・・・何て丁寧なんだろ
東京に帰っても良い心持ちになった良いお店
次回の帰省でも是非行きたいだぜだぜ
[PR]

by rolling_tama | 2007-09-24 12:29 | 快楽旅行

陣内(札幌)は良いグビよ

今月の頭、札幌に帰省しただぜ
日曜夜~水曜昼までの短い間だったが
大変良いお店に行けた。
その日は三時~オフクロと食事した
こむこむさんご推薦のお鮨屋さんだ!
食事は満足だが燗酒がアルテンダーだったコロ
浄化するために
四時半にタンクさんにジーコロ♪
ススキノで鯉川飲める店をお聞きしたらスラスラと四軒出てきただぜサスガ!
その中で、陣内~ハレルヤコースが良いのでは?とアドバイスいただき五時スタートの陣内へGO

エレベーター降りるとすぐお店
ニコニコした陣内さん(女性)が迎えてくれた
お店は綺麗でシックな大人っぺー空間
c0016364_19354075.jpgカウンターに腰かけるとカゴに入った鯉川純米一合瓶をハケーン
「お燗していただきたいのですが・・・」
「はい!お燗ですね!!承知いたしました!!!」
気合の入った返事とともに湯煎の準備をしてくれた
自己紹介やらタンクさんの話しをしてるうちにお燗がついた
チョトかなり熱いが冷ませばOK牧場だぜ。
「実は初めてお燗つけました。緊張しました」
おお、確にタンクさんは燗できるかどうかは不明…と言ってただぜ


食事は済ませたが少し食べたい
と言うとテキパキと水茄子に包丁を入れ始めた。
あっと言う間に揚げた茄子にダシを張ってにマイタケをのっけた料理が出た
ウマイ!!
c0016364_19403329.jpg揚げだし豆腐ならぬ揚げだし茄子ですな!!
日本酒にピッタシですわい!
ハグハグ食べていると
三色(四色だったかも?)のプチトマトが出た
赤、オレンジ、黄色の順に食べてみてください
と言われ、順に食べて行くと段々甘みが強くなる
先に甘いの食べちゃうと、バランスがおかしくなるとの事
なるほど~これはオモシロイ
開店時間と同時に入ったので客はワダス一人
色々と話が進むうちに
お店のPB酒がある事を聞いたので
早速いただく

c0016364_19475361.jpg鯉川の純米吟醸美郷錦80%
+純米吟醸美山錦20%と言うスペック
因みに300ml
常温で利いてからお燗つけてもらう
「今度は大丈夫でしょうか?」
バッチリぬる燗です。タンクさんも喜ぶ温度では?
その後、砂肝のコンフィ(ウマイ)など少しずついただきつつ
楽しくお話しながら飲んでいると
予約のお客さん3人組みがいらした
陣内さんが料理を出す手際がとても良い!
動きによどみがなくて見ていて気持ちがいい!
予約の方々も陣内さんの料理を楽しみに来ているようだ

おおっと気がつくと二時間も経っている
何かあっと言う間だな~
さて移動するかと金額を見てビクーリ!!
思ったより安い
お酒はチョト高いが、その他がリーズナブルと言う事か
お腹空かして行きたいお店ですグビ!!
さて、まだ七時だぜ!
次行ってミヨ!!


陣内
札幌市中央区南4西4丁目14MYプラザビル7F
電話011-222-1735

日本酒は数種類あるが
燗酒党はぜひ鯉川で
[PR]

by rolling_tama | 2007-09-17 20:08 | 快楽旅行

鯉川ナイト!IN和浦酒場!!

c0016364_11484625.jpgマタマタ九月の記事をUPするだぜ。
玉玉のマタマタだぜ。

とんびと二人で【和浦酒場】に行ったのさ。
積もる酒談義をしようってわけよ。
九時頃到着してカウンターに座った。
とんびがお燗番の中野さんに紹介してくれた。
 
つき出しの、サンマなめろう。
う・・・ウマイ・・・。



中野さんがつけるお燗の温度も良い!
神亀、鯉川を中心に飲んだだぜ。


c0016364_12191668.jpgc0016364_12195387.jpg白レバーのタタキ
むかご
を注文。
与野さんマネして
「個人的にむかご」
と言って注文した。



真穂人のお燗は一度上げてから急冷する方式(K森谷さん考案だっけ?)で
素晴らしい旨さ!!
錫のちろり買いたくなちゃったぜ。
お燗酒と食べ物の相性の関係を中心に会話もヒートアップ!
中野さんも一緒にお話してくれたぜ。
例によって過激発言、シーモネタも飛び出すと
中野さんが
「この会話、録音してぇ~~!」
楽しく飲み食いして帰ったぜぃ。
とんびとジャレ合いながら歩く
振り向くと、中野さんがいつまでも見送ってくれている
暖かいお店だな・・・。


これが、確か水曜日あたりの出来事だったが
その次の日曜日も
和浦へGO!!
その晩は鯉川ナイト。
タンクさんがお店に来て、鯉川を注文したお客さんとお話するイベントがあったのだ。
行きたい気持ちもあるが、混んでいてあまり話せないのかナ・・・
なんて思って、予約を入れそびれていた。

さて日曜当日、とある展覧会(最終日)の閉館時間を間違えて
ショックを受けた私は、頭真っ白で入り口に立ち尽くしていた・・・。
ちょうどその時、携帯にタンクさんから着信アリ。
「玉さん、今日はどんな感じでしょう~?」
「い・・・行くっす~~~~!!!」
タンクさんから電話もらえるとは思ってなかったし
しかも、何て絶妙なタイミングなんだ??
もう、引き寄せられるように京浜東北線に飛び乗っただぜ!
(ちょっと構成したけど、ほぼ事実)

c0016364_1246152.jpgお店に着くとタンクさんは表のテーブルでお客さんと話されていたぜ。
奥で、こまてる&MG島が飲んでいたので合流。
既に正体が無くなりそうな、こまてるが携帯でとんびを呼び出しているぜ。
鯉川純米を、ぬる燗で飲んでると
タンクさんが席にいらしてくれた(嬉)。
鯉川純米大吟を持っているぜ(嬉)!
常温でちょっと飲んでからぬる燗へ・・・。
普段、口にしないお酒はキレイだったぜ。



そんな所へとんびが飛んできた来た(弟)。
席が一つ足らないぜ・・・
カウンターの某先生の隣りが一席空いていたので
MG島に行ってもらう事になった。
すまん、MG島・・・これからはコロちゃんなんて呼ばないぜ!
と思ったが3分で忘れたぜ。

鯉川には山形の食べ物を!と言う事で
だだちゃ豆を注文♪
茹で上がったホクホクが来ると、タンクさんがパタパタ扇いでさましてくれた。
おお、丁度良い状態でストップすると言う事か!
イイ事を教わったぜ。

c0016364_133591.jpgお店のオススメ、イカのなめろうえを注文・・・。
ほほう、昆布の上に敷きつめてあるぜ・・・
パクリ・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
これ、凄く旨い。
私の中で、イカの存在はそれ程重要では無かったが
これを食べて考えが変わった!
書いてる今も食べたいだぜ。
イカ食べた後の昆布は、お店の方に四等分してもらって食べた。
すぐれモノの一皿だった。

タンクさんとお話するのは楽しい!
食と日本酒の相性、日本酒業界のお話・・・
話題はつきなかったぜ。

c0016364_1313869.jpg黒板に書いてある、スズキのカブト焼きって、まだある?
「大丈夫っす!!」
と出て来たのがこれ。
箸をつけたら最後、止まらなかった。
ナンだコレ?
ナンだコレ?
「村さんのスズキです」
ブランド魚じゃん・・・身はホクホクでお汁がタップリ!
お燗酒もドンドン進む君だったぜ。


も~~ね♪本当に来て良かった!!
それはタンクさんからの一本の携帯着信のおかげ。
感謝感激雨しずく酒
上機嫌の私は
またまた、とんびとジャレ合いながら帰ったぜ。
電車の方向が違う私達
先に来た電車に乗って、反対側のホームのとんびに手を振ろうと見ると

脱いでポーズとってるよ・・・やめろっつの
電車の中、一人爆笑して恥ずかしかったぜ。
[PR]

by rolling_tama | 2006-12-21 13:29 | 飲み会

ビバ!仲志満ビバ!

c0016364_173123.jpg某月某日
ど~も、パワーが出ないので
仲志満へジーコロ(電話)。
席を確保して大森へ向ったぜぃ!
仕事です~っと休み無しだしな・・・
エネルギー補給するのだ~~ッ!!
お店に入ると、テーブル席はグループのお客さんで賑やかだ。
大将&女将に挨拶してカウンターに座る。
気がつくと、目の前にはメルヘンワールドが♪
料理はマグロの血合の竜田揚げだ。
お疲れサマンサ~グビグビ・・・。
竜田揚げ旨いッ!ビールにピッタシ・・・
あ、これは俺がトリビーを飲むのに合わせてくれたのか・・・
やばい、スタートからやられてる。

c0016364_1252325.jpgお燗酒のスタートは鯉川純米。
自家製からすみは、揚げと炙りを半分ずつ出してくれた。
揚げの方は身が少し厚く切ってある。
炙るのとは違った香ばしさがあった。
好みは炙った方だが、一皿で二度美味しいのは嬉しいだぜ。






c0016364_1331267.jpgお刺身は大間のマグロ赤身
青森のアオリイカ
境港の天然鰤
〆鯖(〆て四日目)
お酒は天穏馨・・・だったような。
(間違えたら、大将が教えてくれるかな?)
贅沢だよな~~!
さっきの竜田揚げも大間のマグロだし!
それぞれ旨いが四日目の〆鯖が深い味わいだった。
熟成って凄いネ!
追加で大トロを少し寝かせたのも、いただいた。
色が変わっちゃうんで、普通には出せないんです。

お~~!大歓迎だ~~!
身の間のスジも、熟成してるので苦労しないで噛みきれるのだ!
・・・・感動・・・・



c0016364_1493196.jpgc0016364_1494497.jpg左はピーナッツがんも。
実はピーナッツを使った料理は敬遠していたのだが
これは優しい味わいで良かった~。



右は・・・ふっふっふ・・・
スッポンの肝焼きなのだ~!
「ちょっと脂が少ないので胡麻油たらしました」と、大将。
神亀ひやおろしのお燗でいただいたぜぃ!

c0016364_245150.jpgテーブルのお客さんが帰られて、大将、女将、玉だけになった。
3人でワイワイ話しながら飲む。
私が香味野菜好きという事を聞いて
大将が即興で一品作ってくれた!
茗荷と葱のおひたし!
もう、香りだけでウットリなんだぜ。
歯ごたえシャクシャクで旨い旨い。
ドンブリ一杯行けちゃいまっす!!!





c0016364_275722.jpgで・・・でで・・・
出たぁ~~~っ!!!
境港の天然鰤カマ焼き!
これ、デッカイんだよ。
箸をつけると脂が染み出るけど
アッサリした脂なのでガンガン行けちゃうんだぜ!
くさみ一切無し!ただただ旨い。
シャーワセーー!
残してなるものか!とスミまでホジホジ・・・。







あれ?どぶの仕込み20号がなんであるの??
大将「こないだ玉さんが旨いと言ったので、れも君が仕入れたんです♪」
うわお!何と言う速さなんだ???ほんの数日前だぜ・・・?
後でれも君に聞いたら「あの翌日に電話して仕入れました」
ま、好きなお酒がここで飲めるのは何よりなんだぜ!
わしの一言で聞いて仕入れが決まったなんて、光栄だ~~!!!


c0016364_2285828.jpgc0016364_2291978.jpg左はホタテのかぶら蒸し。
揚げたホタテが香ばしくてもう!ここで食べるホタテはいつも旨い!!




カキはニンニク油に入って出てきた。
これがカキと相性ビッタシ!

大将「納豆は大丈夫ですか?」
玉「大好きっす!!」


c0016364_233469.jpgジャッジャッジャ
ジャ~~~~ン!!!
大間のマグロ赤身、トロ、ウニ、天然ブリ、ホタテ、アオリイカ、納豆、卵黄。
ここの〆はいつも凄いが今回は特別スゴイ!
なにこの最強ドンブリ!
すっげーーうめーーー!!
魚介はもちろん最高だが
卵黄と納豆の入り方が絶妙だったぜ!
ガッツン ガッツン かっ込んださ!!
写真を撮り忘れたが味噌汁がまた凄かった。
でっかい大根と刻んだ大葉。ま~旨かったね!!



いや~、最初から最後まで、ホ~~ント美味しかった!楽しかった!
これでハードな仕事も乗り切るぞ!!!
大将&女将、ありがとうございました!

日本料理 仲志満  
大田区大森北1-11-11 2階  
03(3762)1765
営業時間:18時~23時
定休日:日曜日・第2・4水曜日



次回予告
浦和の酒場!!・・・アリ?
[PR]

by rolling_tama | 2006-11-08 02:47 | 飲み会

突然!のだや!

c0016364_18165948.jpgJR西日暮里駅で下車してちょっと歩く。
七時過ぎの商店街は落ち着いている・・・。
お、見えてきたぞ!
リカーズのだや
れも君がお店番してる・・・。
連絡してないから驚くかな・・・?

こんばんは~!と入ると
れも君がニッコリ笑ってくれた。
彼とは5月1日以来だ。
連絡をしないで来たが居てくれて良かった!
早速日本酒コーナーへ♪
おお!これ(写真)試飲コーナーかい?
ずいぶんあるね~!




c0016364_1944529.jpg「鯉川の美郷錦、飲んでみます?」
あ~、それ飲んでみたかったんだよ!
お、香りは鯉川だネ、チュルっと一口・・・。
なるほど、煮酒どんが言ってた苦味がハッキリ感じられた。
酸もあるし・・・これは熟成が楽しみだ!

続いて鯉川純米、鯉川純米大吟出羽燦々
竹鶴雄町純米15BY、と試飲させていただく。
日本酒談義をしながらの試飲
た~のしぃ~~!!!!
ご近所でお燗酒に興味を持った人は大ラッキーだ!



ここのお店はベルギービールも扱ってるのでチョット見せてもらう。
立ち飲みもOKと聞いてオススメのを聞いてみた。
“ゴイアストリプル”を購入。
前回のベルギービールの会で一番人気だったとの事。
れも君が、トクトク注いでくれたぜぃ。
ゴク・・・リ・・・。
あ~、んまいね・・・ゴク・・・さすが・・・ゴク
一番人気・・・。
お話しながらゆっくり飲んだぜ。


あ、もう八時だ・・・。
今夜は【焼鳥今井】に予約を入れている。
そろそろ行かないとネ。
“大七 自然酒生もと 純米古酒 1992”を購入して
お店を後にして今井に向った。
「10時5分に僕も合流します~♪」と、れも君
お~~!そいつぁ嬉しいぜぃ!!

次回、プチ・グビグビ団の巻きへ続く・・・。
[PR]

by rolling_tama | 2006-06-18 19:47 | 純米酒

某番組 中入り

高さんの誕生日の翌日
某お仕事の中入りがあったので会場がある新宿へGO!
そ・の・ま・え・に・・・。
kamoさんに教えていただいたお店に寄り道・・・。
ルミネエスト新宿にあるOSAKAYAさんだ。
ここはベルギービールの専門店でお店で立ち飲みもOK牧場だそう♪
何やら落ち着いた店構え。
小さめの店内には先客が二人、小さなプラカップでビールを飲んでいる。
お店の中はズラ~~リとビールの小瓶が並んでいる・・・。
穏やかな雰囲気の店員さんだ・・・。
「OH イェ~~ィ、シメイブルーを指名するぜぃ!ハアハア!!」と言いたい気持ちを抑え
「シメイブルーを飲みたいのですが、ゲッツ!!」とクール&ダンディー(坂野)で注文。
(↑どっちにしてもアホ)
「かしこまりました。」
定価を払うと栓を抜いてくれる。
プラコップに手酌すると泡がイッパイ・・・。
泡に口をつけると・・・
オ~~ッ!香ばしいぜぃ!ナンダナンダこの味スゲー!
店員さんと目があったので「お・い・し・い・・・」と口パク。
彼がニコ~~~~ッと笑う。
こちらにやって来たのちょっと話した。
常温で飲むのが旨いとか教えてくれたぜぃ。
ビンテージってラベルのココについてるのね、勉強になるなぁ!
気分が良くなってシメイブルー750mlの瓶も買って外に出た。
さ~~て、中入り会場に向かうかな・・・。

テクテク歩くと、ナント、JR新宿駅そばに
ビールの試飲をさせているブースを発見♪
調子にのって飲んだぜぃ。
客は俺一人なので担当の方と色々話しながら数種類を飲ませてもらう。
黒酢みたいな味のビールが印象的だたぜ。
よく見るとさっきのOSAKAYAさんが出してるブースとわかって
「いま、飲んで買ってきたんです~」

今度こそ、会場へ向うぜ。
7時スタートなのに30分も経っている。
ま~、俺は挨拶とかしないし遅れてもOK牧場!

会場に着くと、ワイワイ盛り上がってるぞ!
声優さんも来てる・・・。
主役の声の人がコスプレしてる(笑)。
知り合いに連れられて空いてる席に座る。
中華料理のお店・・・。
大皿に乗ってるよ、中華料理・・・チョット食べて銀ビール一口・・・。

周りは知り合いの現場スタッフ女性陣。
しばしワイワイ話す。
そろそろかな・・・
ペットボトルをい出した。
持ってきたもんねぇ~~純米酒。お燗は無理だろうから、常温でもいけるヤツ!
鉄人にごりをおすそ分け・・・。
「オイシイ!」美術の女の子が笑って言う。
んっふっふっふ・・・そーだろ、そーだろ!
鉄人にごりは、日本酒をあんまり飲まない人にバッチリアピールできるお酒だもの!
周りと暫く盛り上がる内に
ちょっと席移動。

作画・編集スタッフがいる席へ・・・。
いつもお世話になってる編集さん(男)に大地純米を飲んでもらうと
「ん・・・うまいですね~~」
気を良くして、鉄人にごり、生もとのどぶと勧めたが
彼は大地がお気に入りだそう。
お燗つけると、も~~っと美味しいんですよ!
相手が編集さんなので、私の好きな監督の話・・・
ゴレンジャー、キョーダイン等、昔の東映アクションの某監督のカット割り、オモシロ演出の話をすると
彼もやはり知っていて、話が盛り上がる!
監督もそうだが、編集さんに有名な人がいたとの事。
作品というのはいくつもの才能の結晶なのだと、改めて実感。
続いて昔の必殺シリーズのケレン演出の話を・・・え、お時間?

楽しい時間が過ぎるのは速い←遅く入ってよく言うわい。
解散後、二次会ど~する・・・?
社長「高味園にしますか・・・」
OK牧場~~~!!!!!

現場関係者15人がタクシー4台で新高円寺に向ったぜぃ。
ま~、そこからは
いつものワイワイ宴会だ。冷菜~フルーツ蝦、空芯菜炒めに豚足、蝦のニンニク蒸し等食べた。
高味園が初めての人は、予期せぬ旨さに大喜びだったぜ!
紹興酒のお燗もガンガン飲んで
さっき買ったシメイブルーも皆で飲んだ。

ゴマ団子、八宝粥で〆!
大満足だったんだぜぃ!

二次会も皆の帰りのタクシーも全て社長のサービスでした。
S社長!ごちそうさまでしたッ!!
[PR]

by rolling_tama | 2006-06-14 01:10 | 飲み会